シンプルさはバカラというゲームの大きな魅力です。基本的には勝敗を予想して賭けるだけ!予想的中でエキサイティング!

バカラは15世紀にはイタリアからフランスへと広まったと言われており、数百年も親しまれているゲームです。そのルールはとてもシンプルで、「胴元役のバンカー」と「客役のプレーヤー」二人のゲームの勝敗を予想して賭けるだけです。

バカラにおいて、「バンカー」と「プレーヤー」の勝敗は、ディーラーから配られるカードの合計値で決定します。「A」は1点、「2」から「9」まではその数字がそのまま得点となります。「10」、そして絵札の「K」「Q」「J」は全て0点となります。カードの合計値の2桁目は考慮されず、常に一の位の値で勝負されます。例えば、バンカーの持ち札が「8」と「7」の場合、得点は15点。プレーヤーの持ち札が「10」と「9」の場合、得点は9点。勝負は一の位だけを見るのでバンカーは5点、プレーヤーは9点となり、プレーヤーの勝ちとなります。

バカラの勝敗についてもう少し詳しく説明しますと、ディーラーから最初に配られる2枚で、バンカーとプレーヤーのどちらかが8点か9点を出すと、出した方が勝ちとなりゲームは終了します。これを「ナチュラル」と言います。また、バンカーとプレーヤーの双方が6点か7点を出してもゲームは終了します。上記以外の得点の場合は、3枚目のカードが配られるか、ルールに従ってカード配布が決定されます。

バカラの賭け方としては、「バンカーの勝ちに賭ける」、「プレーヤーの勝ちに賭ける」、「引き分けに賭ける」の3種類の賭け方があります。プレーヤーにベットしてプレーヤーが勝った場合、ペイアウト(配当)はベットの額の1倍となります。バンカーにベットしてバンカーが勝った場合は、通常コミッションが差し引かれます。例えば$100のベットでコミッションが5%の場合、ペイアウトは$95となります。コミッションとは、わかりやすくいうと売り上げから差し引く手数料のことです。コミッションのパーセンテージはカジノによって異なりますので注意してください。そして、引き分けの「タイ」にベットした場合ですが、カジノによって定められている配当オッズ(払い戻し率)に従うことになります。配当オッズは一般的には8倍としているところが多く、例えば$100ベットしているとすると$800のペイアウトとなります。いずれにしても、予想が外れたときのベットは没収となります。

この様にシンプルなゲームですが、実は007のジェームス・ボンドはバカラがお好きなようです。映画の原作となっている小説でも頻繁に登場するほか、映画でもシリーズ内で何度となくバカラ(とカジノ)が登場してきます。ジェームス・ボンドも大好きなバカラって、それだけでもスリリングな雰囲気になりますね。お好きなカジノでまずはお試しあれ!

最新の記事

  • マカオ カジノ

    2017年はマカオが熱い!日本から4時間半でいける、近場の旅行先としてマカオは注目の旅行先です。手軽に低費用で週末にマカオリゾートへ!マカオはカジノでとても有名ですが、新しいホテルやリゾート施設、歴史的な世界遺産もたくさんあり、楽しめること間違いなし!

    詳しい話

  • スリリングなブラックジャック

    プレーヤーとディーラーの一対一の勝負ブラックジャック. プレーヤーの戦略次第でディーラーに勝てる可能性が高まるブラックジャックは, プレーヤーが勝敗を運に任せるだけでなく,攻略法を駆使して自身の腕試しもできるスリリングなゲームのひとつです.

    詳しい話

広告